Favorite scene ホーム »2012年08月
2012年08月の記事一覧

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

今季初の石北臨貨  

全国的に厳しい残暑が続く毎日 

今日の北海道も各地で軒並み30℃を越える 8月末としては異例の厳しい残暑となり 

本当に秋はいつになったら来るのだろう?と うんざりしていますが

頑張って乗り切るしかありませんね



さて一昨日は何とか休みが取れそうだったので 今季初の石北臨貨の撮影に出向きました

8月いっぱいは まだ愛別あたりでも日が当たりそうだったので その辺りから撮影開始

しかし旭川付近は低い雲に覆われ 霧雨も落ちてくる始末

愛別に到着した時も空は雲がいっぱいで これは失敗かなぁ・・・と思いつつ待機


平日だし やって来るカマは見当がついているし 撮影者はいないのかなぁ?と思いきや

私を含め4人ほどでの撮影となりました



相変わらずの曇り空でしたが

いよいよ臨貨がやって来るという頃 雲の間から朝日が♪



8071レ 伊香牛-愛別 ≪石北本線 伊香牛-愛別≫



何とか編成に朝日が当たってくれました


太陽が低いため 跨線橋の影がかなり奥まで伸びます

太陽が当たる場所でのシュートは 焦点距離100mm以上ないと無理でしょう

この時は24-105mmという標準ズームだったので 危ないところでした



気温は高くても 日に日に日出は遅くなっています

9月に入ると この場所での撮影は厳しくなりそうですね


スポンサーサイト

category: 石北本線

tb: --   cm: 6

夏の山線  

写真の撮影地にピン!と来た方は SLの時期に多く山線に通っている方でしょう


夏真っ盛りの山線に来たのは 初めてでした

SLの時期の賑わいは勿論かけらもなく じりじりとした暑さと虫の多さに閉口しつつ

この場所で こんなにまったりと撮影したことってなかったなぁ・・・と

不思議な感覚でした



2932D キハ150+キハ40 小沢-倶知安 ≪2932D 函館本線 小沢-倶知安≫



ここで列車を待っている時 保線の方々の車が2台来られました

作業の邪魔になっては・・・と 駐車の場所や撮影の了解をいただきましたが

逆に作業車を茂みに隠してくれて 「ここならカメラに入らないっしょ?」と

お気遣いをいただきました 

とても嬉しく 感謝しながらの撮影でした



あと1ヶ月もせずに この場所はまた多くのカメラマンさん達で賑わいますね♪


category: 函館本線

tb: --   cm: 4

残暑お見舞い申し上げます  

ロンドン五輪も終わり お盆も終わり 道内の各学校はほぼ一斉に今日から2学期が始まりました

ようやく平常が戻ったという感じがします


例年なら この頃になると吹く風に秋を感じるのですが 最近の北海道は蒸し蒸しとした残暑が続いています

本州も相変わらず厳しい残暑が続いているようで 本当に体調管理が大変だと思います

早く爽やかな秋を満喫したいものですね



私といえば忙しさが続いており お盆休みもまともにできていないのですが

先日 お盆期間に小樽港へ寄航していた帆船「日本丸」を 仕事を早めに切り上げ見物に出かけてきました



この帆船「日本丸」は航海練習船で ある期間 何箇所かの日本の港に寄航し一般公開なども行っているようです

今回 小樽港への寄航は13年ぶりということで 偶然このことを知り ぜひ近くで見てみたいと思ったのです

帆船の魅力である 白い帆を張る「セイルドリル」とう作業は 今回は行われず残念でしたが

夜間はイルミネーションで小樽港を彩り 楽しませてくれました



日本丸 ≪日本丸 小樽港第3埠頭≫



船舶の写真は 船内の灯りが灯る夜間が綺麗ですね

船は接岸しているとはいえ海面に浮いているのですから 波のうねりの影響を受けて微妙に揺れています

遅すぎるシャッター速度では プレビューでみると結構ブレていて

ある程度感度を上げたり 絞りを変えたりと なかなか難しいものがありました 

加えて どんどん暮れていく空色に応じて その都度 調整が必要になり 私には意外と難しかったです


とはいえ なかなか見られない帆船「日本丸」を目の当たりにでき よい気分転換になりました



さて お盆が過ぎ いよいよ石北臨貨の運行も始まりした

まずは今月中に一度は行きたいと思っています



まだまだ厳しい残暑が続きますので 皆さま体調管理にはお気をつけくださいませ






category: 船舶

tb: --   cm: 8

特急ヌプリ号  

先月から始まった 北海道ディスティネーションキャンペーンの第2弾は

札幌-函館間を小樽やニセコなどの通称「山線」を経由して往復する 特急ヌプリ号

「ヌプリ」とはアイヌ語で「山」を意味します


山線に特急が走るのは久しくないことで この姿を記録しておきたくて

先週 無理やり休みを取り お出かけしてきました



先月初めも 客車列車による急行「ニセコ」で大いに賑わった山線

また SLニセコ号の季節になると これまた大勢のカメラマンで賑わう山線ですが

この日はお盆前の平日とあって とても静かな沿線でした

こんなにひっそりとした山線は 私にはとても久しぶりのこと

でもこれが本来の日常の姿なんだろうな



さて その「ヌプリ号」

ひなびた山間の駅の雰囲気のある小沢駅近くで撮影してみました


9012D 特急「ヌプリ号」 小沢-倶知安 ≪函館本線 小沢-倶知安≫


ここでの撮影者は 列車で来られた方がお一人いらっしゃいました

穏やかな時間が流れる中での のんびりとした撮影でした



特急ヌプリ号の運転は 8月いっぱい予定されています


category: 函館本線

tb: --   cm: --

麦秋と電車  

沿線の小麦畑が麦秋を迎え 収穫が盛んに行われています


毎年 気動車との組み合わせを撮影するのを楽しみにしていましたが

今年からは とうとう電車との組み合わせにバトンタッチとなりました

撮影はあまり気が進まないものの 現実を受け入れなきゃなぁ・・・ちょびっと沿線に出かけてきました



592M 石狩太美-あいの里公園 札沼線 
≪札沼線(学園都市線) 石狩太美-あいの里公園 592M≫


やっぱり ものすごく違和感ありますが

これからは この風景が定番になっていくんですね


もう一つ違和感を感じたのは 上の撮影情報を書きながら・・・

当たり前だけど列車番号には DじゃなくてMが付くんだよなぁ・・・と





category: 札沼線(学園都市線)

tb: --   cm: --

プロフィール

カレンダー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

ご訪問ありがとうございます

最新トラックバック

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。